20代での初めての資産運用

お金を増やすには自分自身で働く以外に資産運用するのが最も効率的に大きく増やせますね。 20代では働き出してからそれほど年数が経っていない為、全体的から考えればそれほど運用出来るような資産は少ない傾向です。 今後いつか資産運用する事を考えれば20代の内からリスクを少なくても堅実に運用したい人や今の内に失敗をしたり知識をつける事で勉強・経験が出来るのでオススメです。 皆さんもご存知のような「生命保険」も立派な金融商品ですが、資産運用として捉えている人は少ないはずです。 なんとなく入っている人もいるのではないでしょうか。 生命保険以外にも金融商品は数多くあるので自分自身のリスク許容度に合った金融商品を選ぶ事で理想の資産を築けるかもしれませんよ。 資産運用をする上で一番大きな力は「複利」なのですが、20代の内から始める事でその大きな力を十分に使えますから思い立っている今がチャンスです!

リスクが積極的に取れる20代

20代なら肉体的にもタフで活力もある働き盛りの年代ですから多少の失敗をしてもまだまだ失敗を補う事は可能です。 ですので人それぞれ環境や取れるリスクに違いはありますが、運用資金は少なくても積極的にリスクを取れる傾向にはあるはずです。 これが50代ぐらいになると家族持ち家庭が多い為に生活がかかっているのもありますし、老後の事をぼちぼちと考えておく必要のある年代なので堅実な資産運用をしないといけませんよね。 20代の100万円と50代の100万円とでは失っても挽回出来るチャンスと環境が全然違うはずです。 リスクの比較的高い金融商品には株式や外国為替取引、不動産等がありますが、経済的な知識や用語の理解に乏しい人にはハードルが非常に高いはずです。 そこでリスクの取れる投資初心者20代の方にオススメなのが以下のような金融商品です。

  • ロボアドバイザー
  • 投資信託
  • REIT
  • ソーシャルレンディング
  • 最短で大きく資産を増やすなら株式や外国為替、先物取引

    資産形成をする上で一番早く最短で資産を増やすには株式や外国為替、そして先物取引です。 書店に並んでいるような資産運用に関する書籍はどれを読んでも共通して資産運用で大きく増やすには株と書かれていますよね。 投資信託もオススメされていますが、株と同じ事なので株だということです。 これだけ共通して言われているには理由があるからなんですね。 それは「税制」から顕著に分かります。 せっかく大きくお金を増やしても税金で出てしまっては何の為の資産運用なのか分かりませんよね。 それではいかにして税制が優れているかを見てみましょう。

    20代の内から資産運用しておくべきメリット

    経済的自由と自由時間が増える

    20代ならまだまだ体力的にも精神的にも働ける環境が多いですが、それが40代、50代になってくると仕事もある程度のポストになっていたり、子育てに時間が取られて自由時間が減ってしまいます。また、住宅ローンや教育費などお金がかかる事の多い年代でもありますから、そんな時に早くから運用しておいた資産から運用益があると副収入として見込めるので何かあった時の備えにもなりますし、安心感にも繋がります。 月に数万円でもあると全然家計は違ってきますよね。経済的自由は自由時間のアップでもあるので早くから資産運用をしておくとこれらのメリットが十分にあると考えられます。

    経験と知識が増える

    資産運用には金融商品にも投資出来ますが、知識や経験という意味では自分自身への自己投資としても捉える事が出来ます。 知識は短期間でも身につける事は出来ますが、経験でしか学べないことは短期間では身につくものではありません。 その為、早くから取り組む事で良くも悪くも経験として活きる時がやってくるばすです。

    複利で最大限まで増大させられる

    20代の内から取り組んでおく事で得られる最大限の強みは資産運用で大きく増やすのに外せない複利が使えるからにあります。 複利は雪だるま式に増えていくので時間をかければかけるほど倍々ゲームのように増えていきます。今現在で資産がなくても積立しながらでも資産運用は出来るので早めに取り組む事で将来的に大きなメリットがあるでしょう。